05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012.09/10(Mon)

大台ケ原ヒルクライム2012 

待ちに待った大好きなレース…前日まで曇り時々雨の予報だったのに、当日はやほり晴れ男パワー全開!今年のレースは、去年のようにスカッと晴れ渡ったわけではないが、暑くもなく寒くもない、おまけに高地特有の強風もない、絶好のヒルクライム日和になった。

土曜日の午後、KEN君と受付終了後に宿のある橿原まで取って返し、お決まりの前夜祭…は、おなじみよろずで宴会!ちょっと遅れて行くと、永遠のライバルおっくんはとっくの昔に出来上がっていて、単なる酔っ払いと化していた。偶然にもCANCANさんが夕食に来店されていて、紀伊半島の林道話に盛り上がって楽しいひと時だった。これで再び紀伊半島の林道へ行きたくなってしまった。

09-09-12-01.jpg

曇りでガスまで出ていたが、気温は22℃前後?気持ちのいいレース日和。
【編集】 |  09:01 |  レース・イベント編  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
2012.05/28(Mon)

比叡山ヒルクライム2012 

ヒルクライム・レースの時しか自転車で登れないドライブウェイがある。レースが毎年恒例になった岐阜県の伊吹山、そして滋賀県と京都府に跨り世界遺産でもある比叡山。ヒルクライムが趣味の僕としては、年に一度は「登っとかなあかんやろ!」って訳で、今年も2回目になる比叡山のレースに参戦。自宅から集合場所の比叡山坂本まで車で50分足らず…と近くて便利で万全の体調で臨める…はずが?どうも朝から気分が乗らない。昨日の走りで疲れも筋肉痛も残ってる感じ。レース前日は「乗らなきゃいいのに…」って思うが、あまりの晴天といい気候に誘われて、北摂を70kmほどガンガンに攻めてしまっていた。

27-05-12-01.jpg

黄砂かな?折角の晴天なのに、比叡山から見る琵琶湖は霞んでた。

スタート前に受付会場でビター夫婦や永遠のライバルMTさんらと談笑。若手らにパワーを貰ってスタート位置へ!
【編集】 |  09:44 |  レース・イベント編  | TB(1)  | CM(4) | Top↑
2012.04/16(Mon)

伊吹山ヒルクライム2012 

伊吹山のレースは今年からスポンサー変更により、大幅に運営方法が変更された。5年目に入り当たり前になった春一番のHCレースだけど、豪雪地帯での春レースは残雪に阻まれて今年も12kmのショートコースでの開催になった。楽しみにしていた伊吹山北側の絶景は今年も自転車に乗って見ることはできなかった。

6時半に茨木をKEN君と出発。集合時間も今年はゆっくり目で、駐車場や受付の混雑もなく、なかなか段取りのいいスケジュールだったと思う。じじいクラスのカテゴリーEクラスは9時20分集合で10時15分スタート予定。ほぼ予定通りで進み、永遠のライバルMTさんとも、ユーロワークスのテッドさんにもスタート前に会えた。いよいよ料金所のゲートをくぐり抜け、スタート地点へ。「はい!順番にスタートしてくださ~い!」のスタッフの声…「そうか、TTのチップ計測だから号砲なしなんや…」MTさんとそう言いながらスタート!号砲がないとちょっと淋しい。

最初は緩斜面で1km地点手前までMTさんの後ろを着く。傾斜が強くなったところで前に出て、今度はぼく引く番だ。序盤は10%が断続的に続くが辛くなった頃に少し緩斜面になったりでそんなんに辛くない。今日の作戦は…前半は抑え気味、6km地点を22分で切り抜け、一番辛い傾斜が続く6~8km地点で前に出て、9km地点のダウンヒル手前でFアウターで追い込み、目標の40分を切る作戦。

15-04-12-02_20120416083832.jpg

個人的には一番辛い7km地点…
ペース配分のミスで、このあたりからガックリと速度が落ちた。
【編集】 |  08:58 |  レース・イベント編  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2011.12/04(Sun)

第1回明日香ヒルクライム 

04-12-11-01.jpg

お立ち台GET!

とはいえ…カテゴリーD・ゼッケン447番・タイム29分00秒・6位/80人とギリギリの入賞。
3位から6位までは貧差だったけど、これが今の実力だと痛感…

これで無事に今年のレースは終了した。
【編集】 |  17:42 |  レース・イベント編  | TB(0)  | CM(24) | Top↑
2011.06/26(Sun)

比叡山ヒルクライム2011 

6月最後の日曜日は、記念すべき第一回比叡山ヒルクライム・レースに参加。本来なら梅雨本番の雨予報のはずなのに…やはり、Chokoの晴れ男パワーは全開!ちょっと暑すぎたけど、ヒルクライム日和のレースになった。

26-06-11-01.jpg

ゴール地点の比叡山延暦寺の駐車場は1,200人のヒルクライマーで満員状態。

僕のカテゴリーはEでスタート予定は8時45分。しかし、8時頃にスタート地点から数100m登った地点で、地元のカメラマンが橋の欄干から、8m下の河原に落ちて腰の骨等を折る重傷事故が発生!救急車や救護車・パトカーが大集結して通行止めになり、レースは一時中止となった。

「こりゃ、今日は波乱万丈のレースになるんかな?」
【編集】 |  17:31 |  レース・イベント編  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT