10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008.12/06(Sat)

冬将軍に敗れて、夢あるツーリング計画 

今年は最後の最後まで忙しくって、連日の残業で過労気味…。
ただ、来週をラスト・スパートで乗り越えれば、20日からクリスマス休暇突入だ!
今年のクリスマスは夫婦でニューヨークで過ごす。嫁さんの仕事で3泊5日の強行ツアーだが…

amr0812041627012-p21.jpg

ロックフェラー・センターの巨大ツリーを見ながらワインを飲んで、セントラル・パークのオイスター・バーの旨い牡蠣でビールを飲む。タダの渡し舟に乗って自由の女神を見ながらグラウンド・ゼロに向かって手を合わせる。はたまた不景気なウォール・ストリートを横目に、52番街で分厚い25オンスのステーキを食ってやる^^


2008101208220000.jpg

今日も抜けるような空の土曜日なのに、この冬一番の寒気。朝トイレの寒暖計は2℃…。寒っ!
マジかよ~っ?朝一に買い物行って帰ってきてバイクを触るが、なかなかバイクに乗る気がしない。
寒さに負けた感じ…。そう、一雨ごとに寒くなる…今年のロード・バイクはもう終わったかな?

いやいや…2008のロードでのラスト・ランがまだ終わってない。
こういうモチベーションの上がらない日は、楽しいツーリング計画でも…。
紀伊半島の林道か?激下りで凍えるのも嫌だし、果てしなく長い下りはもっと嫌…。
小春日和で風の影響が少なくって、ガツンと登ってシュ!と下りるコースはないものか?^^

牛廻越と引牛越

牛廻越え

ありました!紀伊半島のど真ん中を東西に縦断するコース!
距離もこの時期はこれで限界やろ…?
穏やかな小春日和の日を選んで、今年のロードでのラスト・ランのコースはこれで決まり!^^

【編集】 |  15:12 |  夢あるツーリング計画  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
2008.11/27(Thu)

将軍川林道と本山谷平井林道 

気になっていた紀伊半島の林道ツーリングを検証。
将軍川林道は紀伊半島の舗装林道の中でも、全長約27kmと距離では指折りの林道のひとつ。

将軍川林道マップ

いろいろと調べていると…「紀州にあって更に林道らしい、それ程この道は林道らしい林道である。
古い幅員が残る道、切通しの峠、ひたすらに将軍川沿いを行く道 狭い道に伸びきった木々は薄暗い道筋を作る枯れた橋、そして苔生した道。いくつもの集落を結ぶ道には小さな祠があり…」
と、林道好きを頷かせる評価の高い林道のようだ。

ツールド将軍川

将軍川林道の標高はそれほど高くないんで眺望は期待できないのか?
ただ、本山谷平井林道は800m近い高さまで登り期待増^^
その後は、一気にゴールの合川ダムまで下って行く周回コースにしてみた。

IMGP4124.jpg

2007年末・MTBで備後川林道のピーク付近。


本格的な冬到来を前にして、ロードバイクで今年最後の林道探検にぜひトライしてみたい。
ただし、完全装備で…^^。

【編集】 |  16:55 |  夢あるツーリング計画  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.11/22(Sat)

ツール・ド・熊野 2008 (案) 

昨日、クランク・ギヤを交換してから、万博外周のCRをちと試乗。
Fの変速はバッチリ決まって異音なし!「さすがシマノやわ…!
駆動系が新品になって、すこぶる快調で気分よし!^^

明日は、ビター君と南紀ツーリングの予定。天気予報も上々のようで、三重県南部は最低気温9℃・最高気温18℃のポカポカ陽気の予報だ。あんまり厚着していくと暑いぐらいの天候かも?

コースは2段階で考える。

img5d67cb4bzikdzj_20081122111936.jpg

(1)去年同様に北山川沿いに169号から310号まで出て、風伝峠経由・金山で熊野へ。130km・7.5時間

ツールド熊野・2008・札立峠

(2)奥瀞橋から北山川の南側を経て札立峠で熊野へ。90km・6時間

この時期、17時には暗くなって寒くなる。
(2)のショート・カットのコースでゆっくりと温泉浸かって余裕で帰るのが得策か…?

祈!晴天!太平洋の絶景!^^
【編集】 |  11:26 |  夢あるツーリング計画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.09/11(Thu)

ツールド大山(案) 

昨日の某夕刊紙にランス復帰記事が掲載されていた。
さすがランス…彼はアメリカン・ヒーロのみならず、世界のヒーロになったんだな?
そして、復帰決断のひとつになったMTBでのセンチュリー・レースでの優勝。
こりゃまた天才は、復帰する動機なんかも我々凡人とは全く違うねぇ…^^
ランスはカッコ良過ぎ!^^

いずれにせよ彼がツールに復帰するとなれば、ドーピング疑惑やらでテンションの下がったツール熱も、これで一気に吹き返す原動力となるのは間違いない。
09ツールのDVDは絶対に買い!やな…^^

2008TD_map.gif

今週末は大山へ!
富士山・立山・御嶽山と並ぶ日本4名山の大山は一度は走っておきたかった山のひとつだった。
今回、alialiさんのお誘いでその気になった。彼の誘いがなけりゃ今年も行かずじまいだったろうな…。

主峰・剣ヶ峰(1,729m)の頂上までの道路はなく、5月に行われたツールド大山と同じ周回コースの予定。ただし、スタートとゴールは高速道路ICにほど近い蒜山から…。
距離は80km・標高差800mの気が焦らないツーリング。

pc_1161879033.jpg

心配なのは沖縄の南方海上にある台風。
そういえば、今年は一つも日本列島に上陸していない。
週末に近づけば天気は悪くなる…。


折りしも三連休だし…
願わくば、祈!晴天!
【編集】 |  16:28 |  夢あるツーリング計画  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
2008.08/30(Sat)

ツール・ド・那智勝浦(案) 

ちっ!今日も明日も雨の予報。秋の長雨か…。
自然には勝てないし。こんな日は、またまた「夢あるツーリング計画」でも…^^

南紀は僕の第二の古里。
小学生時代は夏休みになると、お袋の実家があった三重県鵜殿村に宿題を手に1ヶ月間の夏休み^^
朝早くから裏山で蝉やカブト虫を採り、庭に飼っている鶏と追いかけっこをして午後から海へ…。
一日中、真っ黒になって一生懸命に遊んだ。夜にホーム・シックになって泣いた覚えもあるが、次の日はケロッとして遊んでいたっけ…(笑)
宿題なんて結局は最後まで出来ずじまい…^^

田舎の曾おばあさんの家は、茅葺の屋根だったっけな?もちろん電話なんてなかった。
飲料水も大きな甕に入っている地下水を尺で掬って飲んだもんだ。
テレビも無かった。大きな箱のラジオが一日中鳴っていたのを覚えている。
裸電球で暗い部屋…もちろんお風呂も五右衛門風呂^^

クーラーなんてとんでもない!夜は蚊帳の中で汗びっしょりで眠った。
でも、じっとしていると夜中には涼しくなって鈴虫の声を聞きながら熟睡したのを覚えている。
朝食は決まって魚の一夜干し。何の魚だったのかは思い出せない。
生みたての玉焼きと、お茶で作った「茶粥」。これは最高に旨い!あの味は、たぶん一生忘れない…^^

マップ・ツー・ル・ド那智勝浦のコピー

県道44号と45号は未踏だけど、間違いなく山岳コース。眺望は期待できないけれど、風光明媚な田舎道を満喫できることだけは想像できる。

CIMG0466.jpg

京の谷大谷林道。「たぶんこんな道が延々と続くんやろな…」

昼食は勝浦漁港・竹原のマグロ定食!これだけは、雨が降っても槍が降っても、絶対に外せない(笑)

ツール・ド・那智勝浦のコピー

標高差も北摂コース並みだ。
時間が許せば、何度も行った梶取岬に登って絶景を見たい。
大好きな三輪崎牛乳も…^^
新宮市内の南海堂のパンも食いたい!

おじいさんに何度も連れて行ってもらった那智の海水浴場。
大人になって魚釣りで、毎週のように車で通い詰めた熊野や尾鷲、そして勝浦の磯。

やっぱり南紀は僕の古里かも…?







【編集】 |  12:26 |  夢あるツーリング計画  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT