09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.07/04(Sun)

大台ケ原ヒルクライム・レース2010 

04-07-10-01.jpg

雨中の激戦を終えて…。

例年、梅雨の真っ只中で行われる大台ケ原ヒルクライム・レース。早朝スタートだし、そのほとんどは標高1,000m以上での闘いになるんで、暑さそのものはそんなに苦にはならない。ただ強敵になるのは、台高山脈特有の霧と雨。太平洋の湿った空気がこの山脈にぶち当たって雨に変わる。日本で一番降雨量の多い地域だけあって、降りだしたらその雨量は半端じゃない。去年のレースは幸いにもいい天気だったけど、今年も猫の目のように予報が変わってやばい雰囲気。この時期とこの場所だから降っても文句は言えない。ウェット・コンディションは覚悟してたけど、「雨だけは降らないでくれ!」…と、祈るのみ。

前日は恒例の前夜祭!…とは言っても、会場での前夜祭じゃなくmillionさんとこの「よろず」で自転車仲間と単なる飲み会^^。去年は飲みすぎたんで、今年は自重するつもり…だったけど、おっくんのせいで「また、飲みすぎた~っ!」

【More・・・】

4時半に橿原市内のホテルで起床。朝食はクリーム・パン1個で済ませて車で移動。高取のレースの反省もあって、今日の朝はこれしか食わないことにした。ここから会場までは車で1時間で行ける。7時スタートだし、そんなに急ぐ必要もない。途中で何度も空を確認するけど、どんよりと曇った低い雲。ゴール地点は標高1,600mだし、防寒と雨対策だけはしっかりとバック・パックに入れてある。でも、「大雨にだけはならないように願うなぁ。」

こうして例年いろんなレースに出てると、顔見知りがたくさんできる。そんな坂バカ連中と挨拶を交わしながら駐車場の上北山中学校からのんびりとスタート地点の清流橋へ。強豪揃いのサニーサイドのメンバーも、Vanbooさんも雨なのに元気!。サカタニの若い元気な選手とも会った。「サニーサイドに負けるな!」。

クライマー復帰?のるみちゃんやブッキギリ優勝候補のhaikala君とも。同じチームのMTさんとまっさーさんとも会えた。昨日の夜に一緒だったLoweさんとも、あれ?まほろばのK久保さんも…。ふと気がつけば周りはライバルばかり!みんな「Chokoさんニュー・バイクどうよ?」って声をかけてくれる。「おお!絶好調や!」って返事しておいたけど、「全然そんことないわ…」^^

7:04予定通りのスタート!
「ちっ!雨…本降りやないけ!」すでに靴の中はビショビショで気持ち悪りぃ~っ!

今年も沿道のおじいちゃんやおばあちゃんが、雨模様なのに傘と日の丸の小旗片手に元気に応援してくれた。「これが嬉しい…。」でも、後ろから突進してくる若い選手たち50人くらいに次々とごぼう抜きされる^^

前半は緩斜面とフラットでのロード・レース。頑張りすぎずにマイペースで9km地点まで22分でやってきた。「よし!予定通りや!」

ここから辻堂山林道の激坂区間が始まる。
この区間は7km強だけど、40分切りが今日の目標タイムになる。だから手元のポラールの時計で、林道終点・DWとの分岐で61分を切らなければならない。脚と相談しながら24と27を使い分ける。でも、さすがに暑い…気がつくと体中汗と降りやまない雨でびっしょりになっている。HRは常に170前後だけど、27T効果でそれほど脚のダメージは感じない。11.4km地点のフラットではようやく一息つける。ここで水分補給を済ませて、Fアウターで一気に追い込む。我々じじいには激坂区間ではなかなかタイムを詰めることはできない。この緩斜面地点で少しでも追い込んでおくしか作戦は組めない。そして右90°の視界が急に広がる切り通しが見えれば再びインナーの出番。

ここから残り約3kmが辻堂山林道で一番辛い区間。斜度は12%以上が目白押し。雨も止まないし完璧に27Tに入れたままで我慢の区間だ。疲れ始めた選手が激坂の頭上からパラパラと落ちてくる。地道に一人ずつ抜いて距離を稼ぐ。この区間は幅員もぐっと狭くなり、選手同士が肩を触れ合いそうになりながら登っていく。道路が狭いから、右側から抜こうとする選手は、その「ゼイゼイ…」という荒い呼吸音ですぐわかる。

56歳以上のカテゴリーでの優勝候補(さすが!結果は2位でした!)、アミューズの○井さんが後ろから来たんで声をかけて、しばらくの間彼の後ろに着く。途中の広くなった給水所でよく冷えたアミノ・バリューのカップをスタッフから受け取って一気に飲み干す。「旨ま~っ!
そして辻堂山の展望休憩所小屋が見えた!ここから1kmほどで林道の終点で最後の頑張りどころ。

待望の下りを駆け抜け、頭上に待ちに待ったDWの分岐が見えた!ここは応援してくれるギャラリーがたくさん待ち構えて、大きな声で声援してくれる。時計を確認すると…65分!
去年は67分だったんで2分縮めた!「よっしゃ!何とかなるぞ!」
これで再び気持に勢いがついた。

DWは10%の傾斜が数か所あり、登っては下ってゴールまで残り10.8km区間。ここは序盤の長い登り区間でのスピードの維持と、最後までタレないスタミナが必要だ。天下の宝刀27Tのおかげでまだ脚は残ってる。ゴールまで29分で切り抜ければ、とりあえず新記録達成だ!心臓を吐き出してでもこの記録は達成したい…。

前を見ると2つの小さな集団が見え隠れしている。「あの、前の集団まで行こう!」そう決めた。
ポラールで距離とタイムを交互に変えてチェックする。スピードはなんとか落ちずに頑張れてる。
去年は24km地点でがっくりと疲れてタレタレになった。でも、今年は余裕はないけどまだ頑張れる。

Fアウターを駆使して、できるだけ低いギヤ比でスピードに乗せる。ただ、この雨だし下り区間は慎重に…。ヒルクライムとはいえレースで「落車は即終わり!」を意味する。路面はこのところの大雨で川のようになっているところもあるから本当に怖い。前の選手の後ろに付き過ぎると、後輪から巻き上げた水で泥んこになる^^

今日のDWでの作戦は、「10%に差し掛かっても慌ててインナーへ入れない」事。めっちゃしんどいけどこれも効いた。もう30回以上登って来た大台ケ原。ゴールはどのあたりなのか?は周りの景色で一目見ればわかる。
「やっとここまで来たか~っ!」残り100mのカーブでひとりごとを言いながら34-17まで上げてスタンディング!

で、枯れ木目がけて一直線にゴーーール!

手元の時計では97分前半だった。

チップ計測はどうなんかな…?37分切ったかな?
朝はクリームパン1個しか食わなかったけど、ハンガーなんて一度も感じずに十分に登れた。大台ヶ原は1度登れば1,800kcal位の消費になる。これくらいの消費なら腹に何か入ってれば問題はないと感じた。逆に今までは、「食い過ぎて走っていた」んだわ…。

下山は寒くて震えたが、天気は青空が見えるほど回復した。墨絵のような絶景の大峰連峰を左に見ながら下る。

何度登ってもしんどいコースだけど、バッド・コンディションの中、ガッツリと納得いく登りが出来たと思う。雨で頭の先から、爪先までびしょ濡れになったけど、楽しいレースを満喫した。
みんなぁ~ありがとう!

全走行:2,671km
【編集】 |  19:33 |  レース・イベント編  | TB(0)  | CM(12) | Top↑
●読んでるだけで息切れしたよ
頑張るねぇ?お疲れさん。
バイクの掃除が大変そうだな?(笑)
panta3 | 2010.07.05(月) 09:15 | URL | コメント編集
●Pantaさん、おはよう!
昨日、疲れてたけどブラシで一気にゴシゴシできれいになったよ。
ホイールなんてまっ黒でまいったね…。もう、雨のレースは御免だわ…。
Choko | 2010.07.05(月) 09:23 | URL | コメント編集
●お疲れです~
悪コンディションの中でももがききったという感じですネェ。
タイムもしっかり出すという所が凄いですっ。
バイクの性能もありますが、こういう時はエンジンの
ポテンシャルが物を言うんでしょうね。お疲れ様でしたっ。
えーじ | 2010.07.05(月) 12:25 | URL | コメント編集
●えーじさん、こんちわ!
いや~っ…雨だからって言い訳はできませんからねェ?^^
ただ、前半は涼しくって寒いくらいでしたから、この雨のお陰もあると思います。でも、本降りの雨でしたから下りなどは辛かったです。やっぱ、レースは晴れに限りますな?^^
Choko | 2010.07.05(月) 12:40 | URL | コメント編集
●お疲れさまでした!
お疲れさまでした!
納得いく走りができて良かったです(*^^)v
雨は残念でしたけど、晴れる方が珍しい大会ですからね~。
ある程度覚悟を決めてエントリーしました。

ブログで見てあれ~?と思っていたのですが、
トップチューブの前の方、少し曲がっているんですね。
生で見てやっぱり曲がっていたんだと確認できました。
曲がっている事に何かの意味があるんでしょうね~。
るみちゃん | 2010.07.05(月) 16:49 | URL | コメント編集
●るみちゃん、お疲れ~!
昨日はおつかれさま~っ!一応、去年のタイムは上回ったからさ。この歳になるとタイム落ちないだけでもうれしいよ。雨は好きじゃないけど、それよりも寒さでメゲるわ。下山の休憩も多すぎない?^^。まあ、スタッフの方々や地元の人の親切には頭が下がるけどね。トップチューブはだるま型になってるよ。長いチューブだから強度を出す設計なのかな?わからんけど。
Choko | 2010.07.05(月) 17:02 | URL | コメント編集
●お疲れさまでした!
今年もご参加頂き、ありがとうございました。

来年は、前夜祭も、是非お越し下さい!
アテも販売してますよ~ん♪

今年は悪天候の中の開催となりました。
前日までヤキモキしましたが、無事終了できてホっとしております。
来年も、お待ちしております(^^♪

PS・アタクシは売店のオバチャンです。(民宿さんではありませーん)
そこんとこ夜呂死苦(*^^)v
エリザベス | 2010.07.05(月) 19:21 | URL | コメント編集
●おつかれさんでした!
chocoさん、今回のリザルトも同じ位でしたね。熊野古道では、クラスが別になりますが自己ベストめざしてお互いがんばりましょう!

また大台ケ原に行く時は誘ってくださいね~
M.T | 2010.07.05(月) 21:51 | URL | コメント編集
●お疲れ様でした。
お疲れ様でした。
やっぱり、雨でしたか・・
天気予報では、曇りだったのですがね。。
でも、去年よりタイムよかったんで、ホットしました。。
あと、2杯我慢されると、もっと縮まったと思うのですが・・(^^
私と登る時は、前夜に10杯くらいお願いしますね。(笑)


million | 2010.07.05(月) 23:42 | URL | コメント編集
●エリザベスさん、お疲れさまでした!
みなさんボランティア・スタッフのおかげで楽しくレースできました!
歴史ある大台のレースですから、安心して参加できます。来年は記念すべき10周年ですし前夜祭も楽しもうかな?
Choko | 2010.07.06(火) 08:54 | URL | コメント編集
●MTさん、おつかれさんでした~!
リザルト出ました?1分違いでしょうかね?完敗です…^^
しかし、雨のレースとはいえ楽しかったです。チームのみんなも応援してくれましたしね。また、天気のいい時に大台行きましょうね!
Choko | 2010.07.06(火) 09:06 | URL | コメント編集
●millionさん、ありがとうございました!
今年は控えたんですがね…?あれはやっぱ、おっくんが悪いと思います^^
覚悟はしてましたが、やっぱ山は雨でしたね。大雨ではなかったですけど、結構降りましたよ。自転車も体もドロドロで掃除が大変でしたわ^^。来年は一度飲まずに出てみようかな?意外と、遅かったりしてね…?(笑)
Choko | 2010.07.06(火) 09:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |