10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008.10/06(Mon)

ツール・ド・ニセコ 2008(紅葉編) 

午後からも気温はさほど上がらず相変わらず寒い…。
なぜか?懐かしい懐メロばかり流れる懐メロ喫茶だった^^けど、店を出るといきなりの寒気が襲う。
汗が一気に乾いて超!寒い…。

08100423.jpg

「寒い、寒い…」と北海道育ちのPantaさんが言うんなら間違いないだろう…(笑)
でも、二人とも満腹で補給充分、元気モリモリ!
彼によると、ここからのコースは紅葉が存分に楽しめるらしい。

【More・・・】

08100424.jpg

倶知安町内から道道58号・倶知安ニセコ線で西を目指す。
この道路も快適ヒルクライム!5%~7%程度で関西地方のアベレージ・クライムが楽しめる。
車も少ない。「日本一旨いじゃがいもあります!」って看板もあった。
斜面には牛もいる^^。もちろんさえぎる物は何も無く、一段と強くなった風がまともに吹き付ける。

08100425.jpg

天気は猫の目のように変わっていく。風もより強くなったような…。
右手に標高1,116mのイワオヌプリが見えてきた。左側にアンヌプリがあって、その両側の峰がピークらしい…。本日最後のヒルクライム開始だ。

08100426.jpg

08100427.jpg

標高1,308mのニセコ・アンヌプリが見えてきた。登れば登るほど紅葉の色は強くなる気配。
「こりゃ、ピーク付近はさぞかし綺麗やろうなぁ…」…と、独り言^^

08100428.jpg

道道58号は途中から急に幅員が狭くなる。ここから本格的な傾斜になる。
て、いう事は標高が上がって行くということ。紅葉もより深い色に…。

08100429.jpg

08100430.jpg

こんなすばらしい林道を、おじん二人のローディが独占!
これ以上の贅沢はないでしょう?(笑)
白樺と紅葉の間を縫うように登って行くすばらしい林道コースです。

08100431.jpg

ニセコ・アンヌプリの頂上が見えてきた。こっちは東斜面だからここからスキー場は見えない。

08100432.jpg

道道58号を東斜面から登っていくと、右側にこのイワオヌプリ、左側にアンヌプリが見える。
このあたりがピーク手前。吐く息はすでに白くなり、気温はおそらく5~6℃かな?
寒っ!風強っ!

08100433.jpg

花は咲いてないのに…なぜか「お花畑」って書いてあった。白いのは石灰岩。

08100434.jpg

向かい側には、スキーヤー憧れのニセコ・アンヌプリの頂上が間近に見える。

08100435.jpg

そしてピークから強烈ダウンヒル!
強風にあおられながらも、しっかりとハンドルを握って一気に下る。
もちろん途中も絶景続き。暑い夏なら快適なダウンヒルやろなぁ…
南側の洞爺湖方面かな?太平洋側の絶景を見ながら下っていく。

08100436.jpg

寒いのを除けば、何の不満もない気持ちいいダウンヒル…(笑)
路面もいいし、視界も広い、車も来ない…こんな下りがゴールのデポ・昆布温泉まで10数km以上続く。ブレーキ・レバーをリリースすると、あっと言う間に60km/h以上になる。
乗鞍でも経験したこともない恐ろしく長い下りでした^^

08100437.jpg

デポにゴール!身体が冷えて寒かった~っ!
走行は80km強。思ったより時間を費やしたのは下りの寒さのせいか?

imgaa8999a9zik4zj_20081006100721.jpg

img0a8fb07ezik2zj_20081006100731.jpg

08100438.jpg

疲れて冷え切った身体をPantaさんお勧めの鯉川温泉で癒す^^

k_aki.jpg

ひなびた大正レトロ風な温泉にびっくり!そしてツーリング後の温泉は最高!^^

15時15分に温泉出発。Pantaさんのステージアで新千歳空港まで送ってもらう。
最高のコースに最高の季節。最高の友人に最高の温泉…。
これ以上の贅沢はないだろう…満足・満足の北海道遠征ツーリングだった。

次回は必ず夏のニセコを楽しんでみたい。
Pantaさんと再会の約束をして、無事に予定のフライトで帰還。
Pantaさん、奥さん!お世話になりました~っ!
Chokoは北海道が大好きになりました!(笑)
【編集】 |  09:30 |  遠征ツーリング  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
●倶知安ニセコ線は
寒かったね。僕が必死に登り続けてる間に、色んな場所でバイク止めて記念撮影してたんだね。知らなかったよ(笑)。次回までにもう少し鍛えておきます。
panta2 | 2008.10.06(月) 12:22 | URL | コメント編集
●Pantaさん、おはよう!
なんか…仕事するの、だるいなぁ…(笑)
北海道の感動が、まだ醒めないよ。
支笏湖もニセコもでっかいよな?びっくりしたよ。
あのダイナミックなコースを経験すると、こっちの北摂のショボいコースがイヤになるよ^^
本当の意味の山!って北海道をいうのかもな?
こっちはセコイ山しかないからさ…^^
でも、寒いから住むのは御免だな?^^
Choko | 2008.10.06(月) 12:27 | URL | コメント編集
●独り占めとは~
良いですねぇ~。夏の北海道はチャリダー&ライダーが一杯で、それはそれで楽しいですが、この時期になるとさすがに静かなのですね。これだけひっそりしていると、いつクマがひょっこり出てきてもおかしくない感じですねぇ~。(^^;
えーじ | 2008.10.06(月) 12:37 | URL | コメント編集
●えーじさん、こんちわ!
そうそう…狭い林道で、熊が出てきそうな雰囲気はたっぷりでしたね^^
実際に出てきたら、慌てて逃げ出すと思いますが…(笑)

天気も天気でしたが、秋はなんとなく寂しいですね?
もう来月には寒くて登れないらしです。
Choko | 2008.10.06(月) 13:34 | URL | コメント編集
●画像盛りだくさんで、
濃厚な80kmでしたね。
私はまだニセコを走ったことがありません。
モタモタしてる間にchokoさんに先越されてしまいましたね。(笑)
chokoさんのブログをみて、こんなにステキなところなんだと改めて知りました。
いずれ走りに行ってきます。
rascal | 2008.10.06(月) 15:45 | URL | コメント編集
●rascalさん、ありがとう!
このコースだったら一日遊べますね?^^
この半分でも結構な走り応えがあると思います。
パノラマ・ラインの方が道路も広くていいかもね?
僕も来年は、夏のいい頃にもう一度ニセコに行きたいですね。
Choko | 2008.10.06(月) 16:23 | URL | コメント編集
●わくわく、しますね。
う~ん、写真見てるとわくわくしますね。
スケールがやっぱり、違いますね。
ニセコツアー、企画よろしくです。(^ー^)
ちゅっぱ | 2008.10.08(水) 08:05 | URL | コメント編集
●ちゅっぱさん、おはよう!
どこまでも続く地平線…って感じでしたね。
大阪に帰ってくるとビルばかりでうんざりするね?
同じ山でも、大台ケ原は大きいけれど、高野山や六甲山は
下界を見れば住宅ばかりですからね?
ニセコは何も見えないです^^
Choko | 2008.10.08(水) 09:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |