06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.08/15(Fri)

終戦記念日 

今年のお盆の期間は、結局ずーっと仕事。おまけに、これだけ毎日のように暑い日が続くと笑うしかない^^仕事で人と会うたびに「暑いですね…?」が合言葉のようになっている。

今日は戦後63回目の終戦記念日。この日が来ると、何故か?死んだ命日よりも、親父のことを思い出す。中国に出兵し、銃弾に倒れ大怪我を背負って傷病兵として帰国した親父。

彼は僕たちが子供の頃は、一切戦争の話を聞かせてくれなかった。
でも、成人して一緒にお酒を飲むようになってからというもの、彼は酔った勢いでしょっちゅう戦争体験記を聞かせてくれたものだった。まるで戦争映画を見ているように興味深く、僕はそんなリアルな話が大好きで手に汗握って聞き入り、それはそれは面白かった。

GSNA12M.jpg

毎日のように夜中に敵が攻め込んでくる夢を見たという恐怖の話。
敵が放った手榴弾が鉄兜に命中したが、不発弾で助かった話。
行軍中に豚を見つけて殺して料理し、みんなで祝杯を上げた話。
連戦連勝で息巻いていたバカバカしい暴力上等兵の話。
大雨の最中に戦友が次々に死んで行く悲しい話。
飲み水にあたって、赤痢になり高熱に苦しんだ話。
花火のように綺麗だったという20ミリ重機関銃の銃弾軌跡の話。
自分の背中に2発のライフル銃の銃弾が命中した瞬間の話。
帰国後に焼け野原になった大阪で、親兄弟を探し当てるのに苦労した話。
やっとの思いでたどり着いた家で聞かされた三人の兄の戦死話。
そして最も辛かったという、戦後の混乱を生き抜いていく苦労話。

…そんな彼の話の全てが、リアルに今でも思い出せる。

戦争の実体験をした人たちも、もうしばらくすれば一人残らずこの世を去っていく。
彼らの身に迫る実体験を、直接聞かせてもらった僕たちも少なくなる…。

バカバカしい戦争に翻弄され、300万人以上の日本人がこの戦争で亡くなった。
親父はいつも「死んで行った戦友を思うと、心苦しい気持ちもあるが、今日まで生き延びただけでも幸せだ。」っていつも言っていたっけ?

そんな厳しい戦争にも生き延びて来た親父の終焉の地、実家の近くの児童公園で、先週末に母親に伴われて滑り台やブランコで無邪気に遊ぶ子どたちの姿が目に留まった。
終戦の日を迎えて、平和の尊さというものを真摯に考え、僕たちが後世に語り伝えなければならないのかもしれない…。

【編集】 |  11:51 |  日常の事  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
●平和なとき・・・
私の周りの戦争体験者も少しづつ他界しています・・
私は戦争も知らないし、戦後の混乱期も知りません・・

仕事・家庭はある意味で混乱期ですが、戦死された方から
見れば大したことはないでしょうネ

ナンと言っても自転車遊びが出来るんだから ^^

馬笑 | 2008.08.15(金) 12:18 | URL | コメント編集
●日本人だけでなく
大国の戦争に多くの国々の人達の命が奪われたんですよね。

自虐的になる必要は無いけれど、歴史を知らなければ世界と仲良くは出来ないというのも事実。

いずれにしても戦争に勝者はありません。
腰痛オヤヂ | 2008.08.15(金) 14:46 | URL | コメント編集
●馬笑さん、こんちわ!
確かに、戦争体験者だから伝えられる…のでもないでしょうね?
誰が考えても馬鹿な戦争だったって事は明白です。
世界中で戦争が絶えないのは学習していない証拠ですよね?
Choko | 2008.08.15(金) 14:50 | URL | コメント編集
●腰痛おやじさん、こんちわ!
暑いねぇ…^^。社会派ブログは嫌いですが^^今日と言う日は特別です。
親父がそうしろ!って言ってるのかもね?^^

60年以上経ってるんだし、もういいじゃん!って話はよくないですよね?
残酷極まりない戦争体験は、決して忘れてはいけないと思います。
Choko | 2008.08.15(金) 14:53 | URL | コメント編集
●唯一・・・
戦争が後の世にもらたすものが「技術革新」
だと思います。命にかかわる事ですから
壮絶な研究開発がなされた事でしょう。
コンピュータも元は弾道計算に使うために
考えられたとか。

逆に平和な今の時代に研究開発された新技術が
後の世の戦争に使われてほしくないですね。
るみちゃん | 2008.08.15(金) 16:30 | URL | コメント編集
●るみちゃん、こんちわ!
なるほど…。戦後にいろんな産業が生まれましたが、こんなに日本が発展するとは思わなかったでしょうね?
ありえませんが、もし、間違って日本が戦争に勝っていたら…?
恐ろしい軍需国になっていたでしょう?考えただけでも恐い話です。
今がよければいいんでしょが、今日はいろいろと考えさせられる日です。
Choko | 2008.08.15(金) 16:39 | URL | コメント編集
●No more war...
 2度と繰り返されてはなりませんね。そのためにも語り継がれ、また耳を傾けなければ。平和ボケと言われて久しく、平和過ぎるがための様々な問題と社会現象。生きぬくためだけに必死に苦しんだ父母、祖父祖母の事を忘れてはなりませんね。キルワニもたまにはまじめに考えるのだ。
キルワニ | 2008.08.16(土) 20:36 | URL | コメント編集
●愛と平和のために
びわ一から帰ってまいりました。

平和な時代…それでも現実にグルジアで今、悲惨な光景が繰り広げられているんですね。北京でオリンピックが開催されているさなかに…。

自由が拘束され、命の危険に絶えず見舞われ、飲みたいものも食べたいものが制限されてしまう…あえて琵琶湖一周をランニングしながら、平和じゃない状態をイメージしてみました。もしいま自分が兵士で敵を殺すために走っているのだとしたら…。

食べるものも飲み水も底を尽きかけて来た時、じっと我慢するしかできない…。

今改めて子どもたちに、戦争というものがどんなものなのか、できるだけリアルにイメージを持ってもらえたらと思います。

戦争を知らない世代が全くいなくなってしまった時、残された記録だけでは頼りにならないでしょうから。

平和というものを形で、行動で示していければと思います。
KAY.T | 2008.08.17(日) 20:39 | URL | コメント編集
●キルワニさん、遅くなりましたぁ!^^
マジな話で恐縮ですが、児童公園で遊んでいる子供達を見ていて
「この子達には絶対に親父のような辛い目には合わせてはいけない!」って思いましたね?どんな理由であれ、戦争で苦しむのは子供達ですから…
Choko | 2008.08.18(月) 17:08 | URL | コメント編集
●KAY.T先生、お疲れ様~っ!
びわ一お疲れ様でした!この真夏の最中に大変でしたね?^^
でも、さすがに先生!ご立派です。
戦争で犠牲者のほとんどは一般人です。
おやじは軍人でしたが、子供達は関係ないでしょう?
こんなひどい話はありませんよね?
人権の無い、ロシアも中国もミャンマーも、私は許せませんね!
Choko | 2008.08.18(月) 17:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |