08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008.08/06(Wed)

ツール・ド・乗鞍・2008 

今年もやってきた乗鞍シーズン。やはり大阪からは遠方で、「えいやっ!」で、ないとなかなか行けない北アルプス。今年は北海道の友人Pantaさんを誘ってヒルクライム・ツアーを敢行した。

彼は千歳空港から飛行機輪行。僕は大阪から375kmを車で突っ走って、15:10着の信州まつもと空港で合流。一路、宿の平湯温泉を目指して国道158号を西へ。
夜は飛騨牛を食って二人とも大満足^^

当日の朝は、8時出発予定。宿での朝食もしっかり食っておいた。

Hirayu Spa

準備完了!「いざ、出発!」



【More・・・】

Abo-Pass for Panta

まずは安房峠を目指す。平湯温泉はすでに標高1,300m。峠の頂上は約1,900mだから、600mを登ることになる。平均斜度は6~7%くらいのアベレージ・クライムだ。朝一は元気だし、天気もよくなってきた。Pantaさんの黒アンカー・RFX8も調子良さそうだ^^

Hodaka.jpg

安房峠の頂上は、岐阜県高山市と長野県松本市の県境。遥か向こうは3,190mの穂高岳。
ここからは国道158号線まで、一気にダウンヒル!でも、路面が悪くて恐い…恐い…^^

Hair pin of Abo-pass

特にヘヤピンの続く下りは特に注意。凍結対策なのか?ヘヤピンの部分だけがコンクリートで出来ていて、おまけに凸凹だらけでハンドルが取られる。高速で突っ込むと超恐いっす…。

R158.jpg

国道158号まで下りてきたら左折。右は安房トンネル経由で宿の平湯温泉にいけるが、バイクは通行できない。ここからが恐怖のトンネル越え。5%~6%の傾斜で下っていて、8箇所のトンネルを抜けなければいけない。最初のトンネルの手前で待機して、後続車がないのを確認して一気に下るのが賢明。でも、5つ目のトンネルはスリップ止めのためなのか?道路に太い線を入れてある。この路面でハンドルを取られ、ヒヤッ!とする瞬間が何度も…。おまけになぜかこのトンネルの路面だけが、べっとりと濡れている。かなり速度を落として通過した方がいい。

For Shirahone

恐怖のトンネルを通過して、次は沢渡(さわんど)から、県道白骨線で白骨温泉を目指す。ここは激坂!^^平均10%が数km続く…。この激坂はトンネルの中でも衰えず、この日は観光客のマイカーや、配送トラックの通行も多かった。大阪で慣れてるとはいうものの、峡路の激坂での対向車は恐怖…

15 Crimb

Pantaさん白骨の激坂を登る!^^15%近くありましたよね?…がははっ!

Super Road

白骨温泉も少しの休憩ですぐに出発。ここからは上高地乗鞍スーパー林道となる。有料道路だけどバイクは無料。去年よりも路面は補修されてきれいになっていた。
乗鞍岳も遥か向こうに見えてきて、天気も上々…このあたりからテンションも上がってきたぞ~っ!^^

6.jpg

白骨温泉から乗鞍高原までのスーパー林道は、序盤に平均5~6%くらいのダラダラが続く。
気温は約23℃くらいかな?汗もそれほど出ないし、ボトルにも手が行く回数は少ない。
先週の吉野GFとは大違いだ^^二人の意見は、「ヒルクラ日和で…うん、こりゃ…快適、快適」

Hiru Tunneru

蛭窪トンネル。スーパー林道の頂上を象徴するトンネルだけど、暗い・びしょ濡れ・漏水あり・寒い・お化け出そう!・前後から車来る!の恐怖のトンネルです^^「こりゃ一人だったら恐いやろなぁ…」

乗鞍高原のロッジで昼食。まだ、11時だし、Pantaさんは蕎麦。僕はうどんの軽食で済ませた。

R87.jpg

そして、いよいよ本日のメイン・イベント!長野県側の県道84号で、距離35km・標高差約1,200m・平均斜度6.1%・最大斜度15%の乗鞍山頂の畳平を目指す。

Sanbon Fall

三本滝からはマイカー通行禁止。警備員さんに挨拶しておいて更に登る。
ここからの斜度は、ぐっ!と強くなっていく。

Norikura.jpg

車も全く来なくなって二人旅^^
ただ頭上に聳える乗鞍と、尾根伝いに続くワインディン・ロードを目にすると…
「はぁ…あれ登るのか~っ?」となる^^

Reisen House

冷泉小屋でちょっと休憩。このあたりから急にガスが出て、南側の景色が全く見えなかった。
ここから上は更に傾斜も強くなる。特にヘヤピンは10%を越え、レースなら間違いなく勝負処なんでしょうね?

2500m.jpg

天気は猫の目のように変わっていく。さっきまで晴れていたのに雨まで降ってきた。ほどなく止んで一安心。二人とも口数はぐっ!と減って^^ただ、もくもくと登るだけ。
今日はタクシーも観光バスもやたらと多かった。後方から来るとアクセル全開なんで、排気ガスもくもくで大迷惑!「ゲホッ…ゲホッ…」息を止めたいけど、止められないのが辛い^^

Nice View

「Chokoは、今年もやって来たぞ~っ!」^^お決まりの景色で、やっぱ一枚撮っておく…

From Igahara Pass

すでに位ヶ原山荘を越えたが、まだ4km・300mは残っている。
乗鞍高原から登り始めてすでに1時間40分近くになる。
ま、またChokoは、今週もタイム・アウトかぁ~っ?(笑)

2600m.jpg

森林限界線を越えた!このあたりから気温は、ぐっ!と下がって急に寒くなる。

Kirigamine.jpg

霧ヶ峰をバックにKing of Hill Crimb !!(笑)
今年は残雪が多かった。やはり冬の積雪が多かったんでしょうか?見事な景色でした。

2m.jpg

2m以上の残雪もあった。ちょっとハイカーさんにお願いして記念に1枚。

Panta with snow

天気はどんどん悪くなり、ガスも多くて景色は見えなくなり、気持ちは落ち込む^^
Pantaさん、愚痴が多くなってきました!(笑)

Top of Mt.

最後はヒイヒイ言いながら、なんとか標高2,700mの畳平を制覇!2時間ちょっとでした。

Treking.jpg

頂上へ続く登山道はハイカーが多くてびっくり!でも、今日は頂上まで行っても何も見えないでしょう?^^気温は12℃くらいかな?超寒いし早々に下山することに…。

Skyline.jpg

雨で路面も少し濡れている。慎重に下るけど、ガスってて期待していた岐阜県側の乗鞍スカイラインの景色も全然ダメでした…。

Down Hill

このあたりは崩落で信号機による、片側交互通行になっていた。

あれだけ時間を掛けて登ったのに、乗鞍スカイラインと平湯峠の下りは、あっ!という間^^
14:45と、予定時間よりも早く平湯温泉まで帰ってきた。
このコースは距離は短いが、登り応えのある本格的ヒルクライム・コースだ。
Pantaさんも、なかなかの健脚と見た。「やるな…?」^^

ツールド乗鞍マップ

ツールド乗鞍のコピー


平湯の森で温泉に入ってさっぱり!帰りに高山市で蕎麦まで食う時間の余裕もあった。
Pantaさんを中部国際空港まで送って行って、今年の乗鞍も終わってしまった。
そう言えば、こんちゃんビターが月末に行くらしいのを思い出した。
「こりゃ、もう一度…今月に乗鞍行き!かな?」

Pantaさん、お疲れさま~っ!


【編集】 |  09:35 |  遠征ツーリング  | TB(0)  | CM(14) | Top↑
●Chokoさん、お世話になりました。
ようやく起きたら顔が浮腫んでたよ(笑)。乗鞍上ったんだと実感しました。今まで走ったことがない激坂のオン・パレードだったもんなー、本当にきつかったよ。ノロノロ走りにつき合わせちゃって悪いね。しばらく山に行きたありません。
こんちゃん、ビター君とまた行くの?マジでか?今度は思う存分走れるね(笑)。色々ありがとう。
panta2 | 2008.08.06(水) 10:41 | URL | コメント編集
●Pantaさん、お疲れ様!
浮腫んでるのかぁ?^^
ブヨはどうだ?腫れてないのか?

確かに今、考えれば過酷なコースは事実だよな?
本来ならもっと絶景ポイントがあったけどさ。
天気も良かったし、結果オーライだったよな?

心配しなくても、そのうちにまた山へ行きたくなるよ。がははっ!(笑)


Choko | 2008.08.06(水) 10:49 | URL | コメント編集
●2メートルの残雪?
北海道で残雪を見られるバイクコースってあるのかな~。
見事な景色ですね!
それにキツそうな上り。
コチラではやはりありえないコースですね。

さらに、
「chokoさんとpanta2さんが一緒に走ってる!」って感動してしまいましたよ。(笑)
rascal | 2008.08.06(水) 10:54 | URL | コメント編集
●rascalさん、おはよう!
激坂は白骨温泉だけなんですよ。
乗鞍へのアプローチは平均斜度ですね。
北の大地じゃ経験できない坂を、彼は立派に制覇しましたよ。
もっとへなちょこか?と思ってましたが、医者のくせになかなかのもんでした^^(笑)
rascalさんも、宜しければいちどお越しください^^
Choko | 2008.08.06(水) 11:00 | URL | コメント編集
●すごいですね
Chokoさん、これほどの雄大な景色を毎年嬉々として登ってるのは、すごいです。
しかし、気持ち良さそうですね。
吉野の後って感じ全然ないですね。

dai | 2008.08.06(水) 19:44 | URL | コメント編集
●Mですな、いやSかな・・・。
白骨の激坂は、すご過ぎですね。
しかし、chokoさんのパワフルさには恐れ入ります・・。
悔しいので、渋峠でも走りに行って来ます。無理かな・・。
ちゅっぱ | 2008.08.06(水) 19:52 | URL | コメント編集
●お疲れさまでした!
男中年2人旅、楽しめたようですね。
pantaさんも最後まで登りきって満足ではなかったでしょうか?
視界が悪くて残念でしたね。
下界はけっこう積乱雲の発生で短時間集中的な豪雨であちこち被害が出ていました。
山の天気も変わりやすいですから注意が必要ですね。
去年は富士山頂までランニングしましたが、今年は畳平から山頂3026mまで14キロ走ろうか…なんて考えていましたが…。
KAY.T | 2008.08.06(水) 21:20 | URL | コメント編集
●充実の乗鞍だったよーで~
大阪と北海道から。。。お疲れ様でしたっ。いつもブログ上でのお二人のバトル(?)を楽しく読んでいましたので、「リアルな世界」ではどんな掛け合いが交わされたのか、興味ありますね~。(^^)

下界はちょっと不安定な天気でしたが、乗鞍の天気は良かったよーで何よりでしたっ。確かに残雪が多いですねぇ~。スカイラインの下りでは景色が楽しめなかったのは残念っ。でも、昨年の秋に私がスカイライン走った時も結構ガスっていたので、あの時の記憶がよみがえります。あぁ、私も早く乗鞍行きたぃ~。
えーじ | 2008.08.06(水) 22:08 | URL | コメント編集
●サイコーっすね
いやぁ壮大なロケーションですねぇ。何度見てもこの景色のなか走れるのは羨ましい限り。僕も毎年来年こそはなんて思っています。
kaz619 | 2008.08.07(木) 00:14 | URL | コメント編集
●daiさん、おはよう!
名古屋からなら近いでしょう?^^
その気になれば日帰りも可能でしょう?
僕達は、本当にうらやましいですよ…。
一度、行かれたらいかがです?乗鞍だけ単独で登るんであれば、
簡単だと思います。
Choko | 2008.08.07(木) 10:24 | URL | コメント編集
●ちゅっぱさん、おはよう!
来週から夏休みですか?白骨は本当に激坂です^^
距離は短いんですが、狭い道ですし、車も多いんで恐いっすね。
乗鞍は何度行ってもいいところです。
ぜひチャレンジしてみてください。絶景ですよ。
Choko | 2008.08.07(木) 10:27 | URL | コメント編集
●KAY.T先生、おはよう!
山の天候はほんとに変わりやすいですよね?
さっきまで太陽が見えていても、急に雨が降り出すんです。
低い山ならあんなこともないですが、さすがに乗鞍です。
何度見ても感動する景色です。彼も来年はまた行きたくなると確信しています^^
Choko | 2008.08.07(木) 10:30 | URL | コメント編集
●えーじさん、おはよう!
リアルの世界は、極めて普通のお付き合いです^^
ただ、彼と走るのは始めてなんで楽しかったですね。

今年の残雪は間違いなく多いと思います。
エコーラインを登っていて、雪渓が見えると「おおっ!」って声が出ましたよ^^。ただ、この時期はバスも多いですね?閉口しました。時間的な要素もあるんでしょうが、去年の9月の方がハイカーも少なかったように思います。また行きたいなぁ?^^
レース頑張って下さい!応援しています。
Choko | 2008.08.07(木) 10:34 | URL | コメント編集
●Kazさん、おはよう!
やはり近畿からは遠いですよね?ほんと、「えーい!」で行かないと、行けないっすよね?^^
ただ、お金や時間を使うだけの値打ちはありますね。
その日の天気にもよりますが、これだけは保証できます。
ぜひ、来年はご一緒しましょう!
Choko | 2008.08.07(木) 10:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |