09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006.12/24(Sun)

2006鈴鹿山脈ラスト・ラン! 

先週、宣言したラスト・ランだが、今週末の天気を考えると「こりゃ、走らないと損する!」とばかりにalialiさんたちにお誘いの声を掛ける。残念ながら天五さんやビターさんはお仕事…(そりゃそうだわな…師走だもの…)で、今回はalialiさんの推薦で、今年足しげく通った鈴鹿山脈で未登頂の、鈴鹿峠と長野峠とすることにした。


JR三雲駅9時集合。7時40分JR茨木駅の快速電車の先頭車両に乗り込む。いつものシートを見ると…どこかで見た事のある人の顔…「えっ?こんちゃん?」「えっ?行くの?マジで?」びっくり!もちろん大歓迎の飛び入り参加である。おまけに昨日納車されたばかりのニューバイク・アンカーを引っさげての登場だ。車内での自転車談義も自然と盛り上がる。


RCN7.jpg


こんちさんのアンカーRCN7の新車。イルージョン・オレンジっていうカラーで、確かに見る角度によって七色に変化する。クロモリのスマートなフレームと相まって、なかなか渋いバイクである。若いこんちさんにはもったいない?(笑)きっと、我々おじんには最高のバイクだ。ホイールはマヴィックのキシリウム・エリート。コンポはフル・アルテグラで、こんちさんのこだわりを感じるバイクになっている。うん、いいね、いいね…。次はクロモリもいいかもなぁ?


Name.jpg


こんちさんのネーム入り。さすが、日本のメーカーらしいきめ細かいサービスだ。


Old Tokaido.jpg


alialiさんの家に余分な荷物を置かせてもらい出発。今日も旧東海道を行く。


Country Road.jpg


出ました。近江平野名物のどこまでも続く農道。いい天気で暖かい。


Mt. Gozaisyo


鈴鹿山脈が見えて来た。中央の最高峰は秋にみんなで登った、武平峠のある御在所岳。


Yasu river.jpg


冬の野洲川も美しい。もうすぐここにも雪が降る。


Route 1.jpg


いよいよ鈴鹿峠を目指す。国道1号線を東へ登る。大型車の通行が多く、歩道を走る方が安全だ。


Suzuka Tunnel.jpg


標高430mの鈴鹿トンネルまでは、あっという間…「えっ?もう終わり?」って感じ。せっかくここまで来たので、alialiさんの案内で、旧街道を見に行くことにする。


IMGP1648.jpg


IMGP1650.jpg


万人講常夜燈というらしい。高さ5m40cm・重さ38tの自然石の常夜灯である。江戸時代に道中の安全祈願に建てられたという。風で落ちないなかな?


Seki Yado.jpg


鈴鹿峠を下りて、有名な関宿に来た。観光客で混雑する宿場町だった旧街道を走る。


IMGP1670.jpg


IMGP1675.jpg


alialiさんは本当によく道を知っている。幹線道路はほとんど通らない。ここも旧東海道。


IMGP1676.jpg


津市に入った。ここから伊勢まで30数km。近いものだ。いつかは伊勢神宮まで自走したい。


IMGP1678.jpg


快晴の安濃川。本当に三重県は暖かい…太平洋の息吹きを感じる。おそらく気温は12℃以上、いわゆる小春日和である。最高のツーリング日和だ。


IMGP1680.jpg


ふと見つけたインド料理店でランチ。な、なんで?インド料理なの?って思ったが、これが旨い!私は豆カレーとガーリック・ナンを注文。食べすぎてしまって午後から身体が重い…。


IMGP1685.jpg


さ、これから帰途の長野峠に向かう。途中で青山高原のウインド・ファームが見えてきた。


IMGP1692.jpg


長野峠は、国道163号線。なんてない標高400m級の峠道である。絶景!という風景も見てとれない。季節柄、車は少なかったが、思ったより急坂である。結構足にきたのでびっくり…。


IMGP1694.jpg


途中、なかなかのヘアピン・カーブもある。


IMGP1698.jpg


長野トンネルは長さ約600m。狭いし暗くて危険!尾灯を点灯して一気に抜ける方がいい。


IMGP1703.jpg


伊賀を抜けて、阿山の道の駅で小休止。すでに4:00になり、急に気温が下がってきた。


IMGP1705.jpg


帰途もalialiさん得意の裏道作戦を敢行。暗くなってきたので全員点灯…。


IMGP1706.jpg


「17:25発の電車に乗ろう!」という私の希望で、3人はラストの追い込みモードに入る。ave30km以上でぶっ飛ばす!「えっ~!しんど~!もうあかんわ…」しかし、電車は17:25ではなく、17:20発だった。1分遅れで乗れなかった(汗)。みんな、ごめんね僕の勘違いでした…(恥)


全走行136kmの冬場にすれば快適ツーリングだった。やはり今年も暖冬なのだろうか?冬の滋賀県の峠越えで、こんなに快適な走りは考えられない。ありがたい事なのだが…。「鈴鹿山脈全峠制覇」は、これで残すところ、北端の「倉掛峠」のみとなった。来年の楽しみに取っておこう。今年は贅沢にも2回もラスト・ランを敢行してしまった。お付き合い願ったalialiさん、こんちさん、ありがとうございました。メリー・クリスマス!良いお年を…。



【編集】 |  20:17 |  ツーリング・レポート  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |