09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.03/26(Wed)

ツールド本宮 

デポの道の駅・奥熊野古道・ほんぐう到着は午前9:00。気温7℃、でも寒くは無い。
上はクールネス下着に起毛のプリント・シャツ1枚。下は薄手のタイツ。標高が高いので一応念のためにウインド・ブレーカーをバック・パックの中に入れておく。でも最後まで使わなかった…^^

Tool box
今日は準備万端憂いなし^^ツール・ボックスにはR-Air3本・CO2ボンベ3本・小型携帯ポンプ・タイヤレバー2本・アーレン・キィー・その上からチェーン切りと満杯状態^^重っ!
それに悪路なのは予想が付くんで、予備のタイヤPRO2を1本背負っておいた。これで安心、参ったかぁ?^^

【More・・・】

Michi no eki
早朝は小雨模様だったが、今は天気も上々「いざ!出発!」^^未知の世界に踏み込むようで期待と不安で胸いっぱい!(笑)

Nanairo bypass
ほどなく高規格道路の七色バイパスを通過。これが、いわゆる道路特定財源ってやつですね?(笑)左側の側道に綺麗な旧道があるのにねえ…。

Water fall
国道168号線沿いの途中にある十二滝。昨日の雨で、水量もなかなかで迫力ある滝でした。

hatenashi pass
R425号は崩土のため通行止め。十津川の橋の手前を左に曲がって…これが大間違い!^^登るほどに激坂が続く!県道735号の表示もない。「おかしいなぁ…」って思いながら…

Lost way
4km・標高500mほど登っただろうか?果無(はてなし)峠の道標でやっと気がついた!^^
「げげ!し、しまった~っ!南の七色村の方角に戻っている!」がははっ!失敗…。
慌てて引き返す^^

World Heritage
「折角苦労して登ったのに…」でも、なかなかの景色でしたがね…。
参ったなぁ…^^

IMGP4521.jpg
そうそう…これを左折すれば…県道735号でした。^^

IMGP4524.jpg
県道735号線は快適渓谷ルート。夏場でも涼しそうな県道です。
路面は決して良くないが、ロードバイクでも充分安心でしょう。もちろん平日なんで車は無し!^^

IMGP4529.jpg
寺垣内(てらがいと)の集落まではペースも上がり、距離の稼げる快適サイクリング!

R735.jpg
しかし、集落を抜けたあたりから、引牛峠の頂上までは結構な傾斜が続く…。

IMGP4530.jpg
峠の手前は特に路面もよくない…。時折、落石にハンドルを取られる^^

IMGP4535.jpg
引牛峠のピーク。標高750mは切り通しだった。
ここから先は超高速ダウンヒル^^。見通しは少し悪いが、気持ちのいい下りが続く。

IMGP4536.jpg
無事に県境を通過。地図によれば林道分岐までもう少し…。

IMGP4537.jpg
で、ここで無念の本日1回目の前輪パンク!^^
ダウンヒルを攻めていて、落石をまともに拾ったようだ。スロー・パンクでたぶんリム打ちですね。
調子に乗り過ぎて、ちょっと反省…^^

IMGP4538.jpg
途中でこんな吊り橋発見!

IMGP4539.jpg
少し渡ってみたが…下の川原がもろに見えて、恐怖!^^脚がすくんですぐに引き返しました。

IMGP4542.jpg
これが林道への分岐。ここは注意ですね?この表示に気がつかないと白浜まで行ってしまいます。
そんな奴はおらんやろ~?(笑)

IMGP4545.jpg
坂泰トンネル。走りながら「ここまで来れば昼飯にしよう!」って、決めていた(嬉)CVSで買っておいたおにぎり2個を平らげる。旨っ!^^

IMGP4546.jpg
ここが本日のメインイベント龍神本宮林道の起点。ここから約10kmは傾斜の強い、果てしなく続く^^辛い山道。
右のダートに行けば坂泰林道でR310号で中辺路村に出る。ここもいい感じの林道だった。でもロードは無理です。

IMGP4548.jpg
龍神本宮林道の中盤はまるで上北山村から大台ケ原に通じる辻堂山林道にそっくり!驚いた。傾斜は辻堂山の方が強いが、路面の広さは龍神本宮林道の方が断然に広い。
でも、景色はやっぱり大台ケ原に軍配が上がりますね。

IMGP4549.jpg
800m付近?かな?もっとクリアーな日なら絶景でしょう。

IMGP4561.jpg
中盤は特に傾斜が強い。ここを乗り切れば終盤にフラットも入る。
「おいおい、まだかよ~っ?」って思うくらいに10%が続く…(汗)このあたりで何度となく足を着いた^^

IMGP4558.jpg
熊野七千峰と言われるが、この景色がその云われなのでしょうか?東西に約50km伸びる果無(はてなし)山脈の絶景。「来てよかった!」^^

IMGP4556.jpg
最高峰・冷水山(ひやみずやま)のピーク。標高1,200m付近。絶景!でした^^。これは自力で登ってきたローディのみが体験できる景色です^^。予測していた積雪なんてどこにも見当らず、登ってくれば暑いくらい。
北側に廻れば護摩壇山や大台山系が見えるはずなんだけど…。SLシューズじゃあ登山道は無理^^

IMGP4562.jpg
ピークから東側は激下り!
…で、本日二度目の前輪パンク!^^不覚にも段差に気がつかずに突っ込んで、危うく落車するところだった。下りは下ハンのブレーキングなんで、どうしても前体重となって前輪に負荷が掛かる。ここで段差を乗り越えれば一発でリム打ち。わかっていたのに不注意でした…(涙)
スペアーのチューブは後残り1本。不安…。

IMGP4564.jpg
最後の峠・三越峠まではところどころ工事をしている。

IMGP4565.jpg
東ノ川林道との分岐。ここは要注意です。本宮へは左の橋を渡る。右は途中からダートの東ノ川林道経由で中辺路へ。

IMGP4572.jpg
三越トンネル。もちろん峠の頂上。ここまでくればもう安心。
一気にR168号の本宮まで下っていく。

IMGP4571.jpg
でも、ブラインド・カーブの立ち上がりで、こんな崩土もある。
びっくりしたが、これ以上はパンクできない^^って不安が頭をよぎる。

IMGP4574.jpg
なんとかパンクせずに降りてきた。ゴール手前の記念写真

IMGP4575.jpg
このあたりは○○王子…とかいう^^鳥居?神社?が一杯あった。熊野詣の守護神なのかな?^^

IMGP4576.jpg
途中の集落で、おもしろい案山子を発見。「仲良きことは美しきかな」って書いてありました^^

IMGP4577.jpg
ゴール寸前。これぞ熊野古道!って感じです^^

IMGP4578.jpg
ゴーール!^^

すばらしいツーリングでした。山ばっかりの厳しいコースで、迷子とパンク2回のトラブルがあったが達成感一杯の大満足コースです。もう少し暖かくなれば最高のヒルクライム・コースでしょうね?
しかし和歌山県はすばらしい山がある。日本にもこんなに感動できる完全舗装林道があったんですね?知らんかった…^^いつの日にか、ぜひまたバイクで来たい!って思う林道でした。

Tour de Hongu

ツールド


本日の走行
abe HR:142
Max HR:183
ane CAD:68
Max CAD:121
Dis.:92km
ave SP:18.7km/h
Max SP:58.5km/h
Cal:4,008kcal

【編集】 |  22:18 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
●素晴らしい!
面白そうなコースだね。それにしても内地には色んな道があるんだね?縦横無尽に他県と繋がりあってるわけだね。その点北海道には抜け道ってないんだよね。だから毎度ルート作りの選択枝は限られてしまうんだよね。まあ毎回同じでも楽しいから良いんだけどさ。
それにしても2回もパンクとはついてないね。ニュータイヤだろ?
ツールボックスにどうやったらスペアチューブ3本とCO2ボンベ3本が入るのか今度教えてよ(笑)。
panta2 | 2008.03.27(木) 00:16 | URL | コメント編集
●Pantaさん、おはよう!
R-Airなら3本入るよ。そこの空間にボンベを押し込むんだ。
チェーン切りは最後にギュ!って無理やりかな?^^

和歌山県はヒルクライム天国だ。ただしチュブの予備とタイヤもあった方がいいかな?^^
Choko | 2008.03.27(木) 08:45 | URL | コメント編集
●龍神本宮林道
ついに龍神本宮林道に行きましたね。僕が以前、ブログに吉野大峯林道のことを「関西屈指の林道」と書いたら、cancanさんに「龍神本宮林道の方がずっとダイナミック」とコメントされて以来、いつか行きたいとは思ってましたが、車の運転が嫌いなのでまだ行けずにいます。そのうち龍神村で1泊して2日目に行こうかと…。

でも、てっきり海まで見えるのかと思ってたら見えないんですね。考えてみれば当然でしょうか…(笑)
天神橋5丁目 | 2008.03.27(木) 11:21 | URL | コメント編集
●天五さん、海は遠いからね(笑)
30km・1200mという数字からすれば、関西屈指でしょうね?路面状態はなかなかのもので、感心しましたよ。落石は相変わらずですが(笑)

ただ、登りながら絶景を楽しむなら間違いなく大台ケ原でしょう。
県道735もおすすめですが、景色は今ひとつです。
本宮経由で新宮へ、というコースがいいかもね?

このあたりは林道天国ですね。ロードだとルートが限られますが、ダートなら無数に分岐がありました。
Choko | 2008.03.27(木) 11:40 | URL | コメント編集
●iいつかは
Chokoさん、いつかは山を目指します。いつもレポート見ながらいつかはと掻き立てられます。その時がきたらよろしくです。
dai | 2008.03.27(木) 23:44 | URL | コメント編集
●やっぱり林道が良いね~
うーん、紀伊半島には面白そうな道が沢山あるね。走ってみたい道、ばっかりだ!
どこかにベースキャンプを設営して1週間くらいあちこち探索してみたいよ。
aliali | 2008.03.28(金) 00:42 | URL | コメント編集
●さすが。。。っ
さすが紀伊半島っ。この時期に1,000m級の山でも雪が全く無いとは。暖かいんですねぇ~。でも、もっとさすがっなのは、それをこの時期に登っているChokoさんですネェ。

「おばあちゃん案山子」、ほのぼのしたリアルさがありますねっ。でも、暗い夜道で見ると。。。(^_^;
えーじ | 2008.03.28(金) 05:17 | URL | コメント編集
●daiさん、おはよう!
そんなに大袈裟なもんじゃないですよ^^
距離も多くないし、1,200mって言ったって、ゆっくりと景色を眺めて楽しみながら登れば大丈夫です。
ただ、下りは要注意ですね?落石の多さには閉口します。
パンクは覚悟で準備しないといけません。
Choko | 2008.03.28(金) 09:40 | URL | コメント編集
●alialiさん、おはよう!
この林道あすばらしいよ!ダイナミックだし、第一静かでいいよ。
少なくとも平日は車なんて来ないし、ウグイスの声を聞きながら、時折見える野生の鹿に声を掛けながら^^登るんだ。

Choko | 2008.03.28(金) 09:43 | URL | コメント編集
●えーじさん、おはよう!
紀伊半島の山は南に行くほど空気が変わる気がします。
ほぼ中心部に位置するこの林道は、東西を縦断する形になっています。
どこまで行っても山ばっかりで辟易とします^^が、景色と空気のすばらしさは絶品だと思います。

雪の心配もしていたんですが、頂上でも気温は10℃近かったのか?寒くは無かったですね。
Choko | 2008.03.28(金) 09:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |