08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.08/29(Sat)

奥千丈林道 

仕事もひと段落で、透かさずに有給取得申請。昨日は待ちに待った紀伊半島の林道ツーリングに出かけた。今回の目的地、東は国道168号線の十津川の大塔村から、西は高野龍神スカイラインの護摩壇山までを東西に縦走している奥千丈林道。距離は約24kmと充分に長く、標高も1,300m近くあって、スカイライン系の林道で南側の眺望も最高という。「こりゃ、楽しみや!」でワクワクして出掛けた。そして期待通りのダイナミックな林道で感激だった。

29-08-09-01.jpg

朝8時には途中の天辻峠で車の外気温計が18℃だったから、デポの大塔温泉・夢の湯も20℃を下回るくらいかな?半袖じゃちょっと寒い…。念のためにウィンド・ブレーカーもポケットに突っ込んでおいた。もちろんいつものように林道用の重装備。チューブ4本にCO2ボンベ3本とチェーン切りも、そして補給の羊羹も3個^^

【編集】 |  17:35 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(24) | Top↑
2009.06/15(Mon)

ツール・ド・将軍川 

念願だった林道へとやって来た!和歌山県白浜町の山手にある合川(ごうかわ)ダムから、東の古座川町の七川ダム貯水池までを流れる将軍川、その川に沿って歴史ある風光明媚な完全舗装林道がある。それが将軍川林道。長さも25km以上とタップリあって、数ある紀伊半島の林道でも屈指の距離を誇る。

もうひとつは国道371号線の未開通部分にある本山谷平井林道。ここは以前から渓谷系林道で有名で、標高もあって頂上付近は絶景らしい…。以前から、林道好きの僕にとってこの2つの林道は、ぜひともセットで行っておきたいところだった。

折りしも高速道路割引期間中。うちから白浜ICまで飛ばせば150km・2時間の距離。そこから県道経由30数分でデポ予定の合川ダムまで行けるはず…。山岳コースだとはいえ、バイクの走行距離も100km未満だから、日帰りツーリングの限界だろうけど、何とかいけそうな予感がしていた。

14-06-09-01.jpg

高速道路もスイスイで、予定通りに9時前に合川(ごうかわ)ダムにデポ完了。
天気も思ったより良好で、ひと安心して準備。今日も林道走行用の完全武装で重装備^^
ツール・ボトルにはチューブ2本・Co2ボンベ3本・携帯ポンプ・アーレンキィー・チェーン切りとコネクターピン2本をギュウギュウ詰めに入れた。重っ!
サドル・バックには更に予備チューブ2本と羊羹2個・カロリ・メイト2袋を準備…
がははっ!これで遭難しても2日は生きられる!(笑)
【編集】 |  10:31 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(14) | Top↑
2009.05/12(Tue)

ツール・ド・紀伊長島(千石越と水呑峠) 

紀伊長島は大好きなグレ釣りでメジャーなポイント。
海岸線は交通量の多い国道42号線が南北に走って、起伏は激しいけど風光明媚な風景が続く。
「ここを自転車で?」はちょっと勇気がいる訳で、出来る限り国道を走ることが少ないルートを選んだ。
でも、せっかくこんな南まで来たんだから、ぜひ太平洋は見ながら走りたい訳で、紀伊長島の市街地からは錦方面の国道260号を組み込んだ。スタミナが残っていればの話だけれど、帰途ルートになる錦峠の旧道にも興味があるし、山から見える海も楽しめたら二度美味しい…って魂胆だった。

でも、今日のメイン・イベントは東の千石越林道の千石越峠と、西の大杉谷海山林道の水呑峠だ。
水呑峠がある県道603号は、急峻な峰を切り開いた渓谷系林道で、眺望が最高!と評判の林道。
でも、過去から崩落が多く、長い間通行止めになって林道ファンも悔しい思いをしている。
でも、どうしても行っておきたい林道コース…「もう、これ以上待てないぞ!」^^
自転車なら歩いてもいいし、ヤバければ引き返してもいい!って覚悟で敢行した。

12-05-09-01.jpg

新名神→伊勢道→紀勢道経由で、9:00前に大紀町・大平つつじ山公園デポ完了。
【編集】 |  23:00 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(22) | Top↑
2009.03/05(Thu)

橡谷西の谷林道 

今日はいろいろあって有給消化。いつも通りに6時過ぎに起きたが、けっこう寒いし布団の中でウダウダ。「どこ行こうかな…?」と思案。天気は最高だし…どうせ行くならダイナミックな渓谷や、それなりの標高の山へ行きたい。考えた末、去年から気になっていた橡谷西の谷林道へ行くことにした。それに病み上がりのこのダルい身体に渇!も入れたい^^

紀伊半島の数ある林道には、ダイナミックな眺望と峰越しに切られた林道を走破する「スカイライン系林道」と、急峻な谷をトラバースされた「渓谷系林道」に分けられる。
スカイライン系の代表格は何といっても吉野大峯林道・龍神本宮林道・大台ケ原スカイラインだろう。渓谷系の王様は、川津今西林道だと個人的には思うけど、この橡谷西の谷林道もなかなかのもので、本当に…本当にすばらしい眺望の林道だった。
おまけに1,100m以上のピークからは、スカイライン系林道の眺望が味わえて、一粒で二度おいしい贅沢な林道体験できる超おすすめルートだ。

05-03-09-01.jpg

ちょっとゆっくり目の10時に、いつもの上北山デポ。北山川は今日も綺麗だった。
【編集】 |  19:30 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2008.12/13(Sat)

牛廻越と引牛越 

僕が愛する国道425号線を今年のラスト・ランのコースに選んだ。僕だけの贅沢ツーリング・コースだ!

オフロードの単車で、紀伊半島の有名な林道を走られるライダーさんは結構多い。
でも、こんなに山深くて殆んどがブラインド・カーブで、おまけに数えられないほどの落石を避けて走らなければならない林道を、師走の時期に延々とそれもロード・バイクで走り続けるなんて…
ふと、思ったんだが、やはり僕は「変わり者ローディ」なんだろうか?そうかもな…?^^

真冬の山岳…とは言っても、ここは紀伊半島南部、思ったよりも暖かい。
秋口にうるさいほど鳴いていた、蝉の”ひぐらし”の声も今は聞こえない。
小鳥のさえずりと、微かなせせらぎが流れる音。それにハブとタイヤの転がる摩擦音しか聞こえない^^

今日は峠からの絶景も、見事な眺望も期待していない。
ゆっくりと登って、おいしい空気と何物にも変え難いこの開放感を楽しむためにやって来た。
ここには煩わしい都会の、あの喧騒や雑音なんて一切ない。
その静けさを楽しむためにやって来たんだ。

1312081.jpg

08:30十津川温泉・昴の郷(すばるのさと)到着。今日のデポだが、気温は5℃。

【編集】 |  20:27 |  紀伊半島の林道ツーリング  | TB(0)  | CM(12) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT